ウィンドウフィルムのメリット

自動車用ウィンドウフィルム
ソーラーガード チャコール32 幅508mm×1m

窓ガラスにウィンドウフィルム加工することによって、窓ガラスの弱点を補い、さらにさまざまな機能を付加することができます。
「窓」には、採光、通風といった重要な機能があります。
そして何よりも、私たちの暮らしの中で心の安らぎをもたらしてくれます。しかし一方で、外界から内部を守る建物において、窓は最も脆弱な部分でもあります。
窓ガラスにウィンドウフィルム加工をすることによって、窓の弱点を補い、さらに新しい機能を付加して、理想の窓に近づけることができます。

住宅の長寿命化に対応できる窓

近年の住宅は100年住宅などともいわれ、建物の長寿命化が進んでいます。
しかし建物が残っても、地震などでガラスが飛散して人が傷ついたのでは何もなりません。また、最近多い雨戸がない窓では、台風でガラスが割れて雨水が入るといったこともありえます。自然の猛威に対して、閉じられた空間を守れる性能が求められます。
窓にウィンドウフィルムを施工することによって窓も建物と同じに長寿命化させることができます。

省エネルギーと紫外線対策

地球にやさしく住むという視点から、地球環境に負荷をかけない、エネルギーを使わない窓、夏には風を通し、熱を遮断し、冬には熱を逃がさない、そんな窓が必要です。
また、人にやさしいという視点から、人にやさしい光を通し、害になる光は通さない窓。 冬のひなたぼっこや、庭や外の風景を楽しめる透明さをもちながら、人体に有害で家具などを傷める紫外線を通さない窓が求められます。
このような需要に対し、ウィンドウフィルムはどんどん進化しています。ウィンドウフィルムは、日本工業規格の「JIS A 5759」に基づく各種試験に合格しているものが販売されていますので、この辺をチェックすれば安全なフィルムだといえます。

スポンサードリンク


【送料380円】66%OFF!Jダイエット-12日ティー24包約3.5g×24包★全品ポイント10倍!(P10倍)...

ウィンドウフィルムで窓を外壁なみの強さにできる

社会環境の変化、特に窃盗団やストーカーといった治安の悪化に対応できる窓。容易に侵入できない窓。できれば外壁なみの強さをもつ窓が求められます。